IFTTTの紹介!異なるサービス間を『自動』で連携させる神ツール

ifttt-intro1

SPONSORED LINK

こんにちは、単純作業の効率化が大好きなたぬ(@KAivlys)です!

Webサービス間の連携は、たいていの場合プログラミングが必須であり、実現するにはハードルが高いと思われがちですよね。

ところが2012年頃、プログラミング無しで異なるWebサービス同士の連携をすることができるIFTTT(イフト)というサービスが登場して話題を集めました。

そんなIFTTTが2017年後半から、再び注目を集めつつあります。

ifttt-intro1-1

理由は、『Google Home』『Amazon Echo』といったスマートスピーカーとIFTTTを繋げることができるようになったからです。

その恩恵で、『Evernote, Googleドライブ, Twitter, Facebook, Instagram, Slack, Feedly, Dropbox, LINE』等のWebサービスとスマートスピーカーを繋げて、私たちの生活がより便利になりました。

IFTTTは便利な反面、日本語対応していないので、敷居が高いのも事実…。

「英語はちょっと…。」と言わないで、この記事を読んで、トレンドなIFTTTを使いこなせるようになって、Web作業を捗らさせましょう!

IFTTTの連載記事一覧

IFTTT(イフト)とは

ifttt-recipes1
IFTTTの読み方
『IF this, then that』の頭文字を取ってIFTTT(イフト)と呼びます

IFTTT(イフト)とは、SNSやWebサービス、スマートスピーカー間を連携させるWebサービスです。TwitterやGoogleドライブ、スマートスピーカーといったプラットフォームの仲介役をしてくれます。

IFTTTで繋げられるWebサービスは2018年1月現在で500個程存在しており、これからもどんどん追加される予定です。

例えばIFTTTで設定すると、次のようなことができます。

  1. 明日の天気が晴れなら、Lineにメッセージを送る
  2. Twitterのプロフィール画像を変えたら、Facebookのプロフィール画像も変更する。
  3. Google Homeから自分の携帯に電話をかけさせる
  4. Googleカレンダーの予定が近づくと、Evernoteのノートを作成する
  5. Amazon Echoで流している音楽をGoogleスプレッドシートに書き込む

このようにIFTTTを使うと、1つのサービスでは出来なかった異なるサービス間の連携が実現します。

Webサービスを使った、いろんな自動化が捗るという訳ですね!

IFTTTの使い方

IFTTTを使って様々なプラットフォーム間を連携させるためには、Applets(アプレット)の作成が必要です。

アプレットは、自分自身で好きなように作成することもできますし、誰かが作ったものを使用することも出来ます。

アプレットを使用するためには、まずアカウントを作成しなければなりません。

今回は英語アレルギーの人にも分かりやすいように、なるべく省略せず頑張ろうと思います。

アカウントの登録

STEP1:Sign up

ifttt-intro2-1

IFTTTを利用するには、アカウントの作成が必要です。公式ページ(https://ifttt.com/)にアクセスして、『Sign up』をクリックしてください。

STEP2:IFTTTを使い始める

ifttt-intro2-2

GoogleアカウントかFacebookアカウントのいずれかでアカウントを作成することができます。

ここはお好みで大丈夫です。今回の記事では『Googleアカウント』を選択して話を進めてきますね。

STEP3:IFTTTへようこそ

ifttt-intro2-3

ここでは「よく使っているサービスを3つ教えて」と書いてあるので、3つ選択しましょう。

ifttt-intro2-4

STEP4:アプレットの紹介

ifttt-intro2-5

STEP3で選んだ3つのWebサービスのアプレットのサンプルが出てきます。

良いなあと思ったのがあれば、登録してもいいでしょう。

例として、一番左の『Tweet your Instagrams as native photos on Twitter』を選択します。

ifttt-intro2-6 ifttt-intro2-7

『Turn on』するとWebサービスの連携を求められるので、認証してあげましょう。

ifttt-intro2-9

STEP5:登録完了

ifttt-intro2-8

これでアカウント登録終了です。お疲れ様でした。

次は、IFTTTの管理画面で何が出来るか紹介していきます。

画面説明

ifttt-intro3-1
  1. Discover:おすすめのアプレットが表示されます
  2. Search:アプレットの検索ができます。Twitterといった特定のサービスやIoTなど目的に合わせたアプレットが検索できます。
  3. My Applets:使用しているアプレットの情報が表示されます。
  4. Activity:使用しているアプレットのログが見れます。
ifttt-intro3-3

右上に表示されているユーザー名をクリックすると各種設定画面が開きます。

  1. New Applet:新しいアプレットを作成します。
  2. Services:IFTTTで利用できるサービス一覧を見ることができたり、認証しているサービスを確認することができます。
  3. Setting:ユーザー名の変更やパスワードの変更といったアカウントに関する情報の編集ができます。
  4. Sign out:IFTTTからログアウトします。

さいごに

IFTTTは、あなたの発想次第で使い方が無限に広がります。

残念ながら日本語対応していないので、少しだけ敷居が高いと思いますが、めっちゃ便利なのでアカウント登録だけでもしててくださいね。

IFTTTで時間短縮しまくって、仕事とプライベートどちらも充実させましょうー!

IFTTTの連載記事一覧

SPONSORED LINK

ifttt-intro1

ABOUTこの記事を書いてる人

たぬ(谷口健太)

25歳社会人。本職は福岡の通販会社でWebマーケッターやっとります。 プログラミング✕マーケティング=最強説を唱えており、非効率的な世の中に革命を起こそうと本ブログを設立。 ストレングスファインダー:戦略性・最上志向・目標志向・未来志向・個別化

NEW POSTこのブログの最新記事