コーヒーは嗜好品。ブラック以外の飲み方も良いんじゃない?

other-black

SPONSORED LINK

サードウェーブが来て、コーヒーを飲む人たちが国単位ではなく農園単位でコーヒー豆を注目するようになったり、誰が焙煎したのか、どのように淹れるのかなどコーヒー自体に興味を持ち始めていますね。

ファーストウェーブとセカンドウェーブを経て、コーヒー業界全体が少しずつ本質に迫っているようで嬉しく感じる今日このごろ。でも、コーヒーはこうあるべきだと断定して、他の飲み方を一切否定する人たちも肌感で増えてきていると思っています。

「コーヒーは嗜好品だから楽しんで飲もうよ。ブラック以外の飲み方も良いんじゃない?」

ブラックで飲むのが“コーヒー通”?

「コーヒーに砂糖やミルクを入れるのは邪道」などという言葉を、一度は聞いたことがあるでしょう。でも、そんなことはありません。実際にコーヒーのプロの大会であるバリスタ選手権などでも、ミルクやいろんな食材を使うアレンジコーヒーが競技種目の1つに含まれていますし。

また、ブラックコーヒーと聞くと砂糖もミルクも何も入れないというイメージですが、実はこれ日本だけなんですよ。海外ではミルクを入れないだけで、砂糖については言及されないことが多いようです。

「コーヒーはブラックで飲むべきだ」と決めつけるだけじゃなくて、いろんな飲み方があると知った上でブラックコーヒーを選択して欲しいなあと思います。

最後に、僕はブラックコーヒーが大好きです

1つ勘違いして欲しくことがありまして、僕はブラック至上主義と言っても過言ではないくらいブラックコーヒーが大好きです。

『苦味を和らげる砂糖』『酸味を和らげるミルク』も好きですが、やっぱり豆本来の味を楽しみたいと考えているので、ストレートなブラックコーヒーをこよなく愛しています。

僕が今回この記事を書いた理由の1つは、”自分に対しての戒め”でもあります。

以前「コーヒーに砂糖やミルクを入れるのは邪道」と言っていろんな人を批判していました。「でも、コーヒーって嗜好品じゃん。コーヒーの数だけ色んな飲み方があって良いんじゃないか」と考えるようになって、過去の自分が恥ずかしくなり、この記事を書くに至りました。

コーヒーは嗜好品。好きなように楽しむのが一番ですね!

今日も素敵なコーヒーライフを。

SPONSORED LINK

other-black

ABOUTこの記事を書いてる人

たぬ(谷口健太)

25歳社会人。本職は福岡の通販会社でWebマーケッターやっとります。 プログラミング✕マーケティング=最強説を唱えており、非効率的な世の中に革命を起こそうと本ブログを設立。 ストレングスファインダー:戦略性・最上志向・目標志向・未来志向・個別化

NEW POSTこのブログの最新記事