ドミニオン最新拡張!『ドミニオン帝国』の紹介

P3020034

スポンサーリンク

こんにちは、たぬ(@KAivlys)です!

2月28日にドミニオンの最新拡張の『ドミニオン帝国』が日本でも発売されましたね。

さっそく遊んでみたところ、今回の『ドミニオン帝国』は、過去まれに見るすばらしい拡張でした!4つの新要素に加え、過去の拡張の3つの要素が含まれています。基本セットに飽き飽きしてきたころに、この拡張を買い足すと戦術に幅が広がって、いい感じです♫それでは始めます。

『ドミニオン帝国』は新要素と過去の拡張の良いところが詰まりきった拡張

    ドミニオン帝国に含まれている要素

  • 負債(新要素)
  • 城(新要素)
  • 分割された山札(新要素)
  • ランドマーク(新要素)
  • イベント(拡張『冒険』より)
  • 勝利点トークン(拡張『繁栄』より)
  • 持続(拡張『海辺、冒険』より)

負債(新要素)

『ドミニオン帝国』には負債トークンが入っています。負債トークンはこんな感じのマークで表され、シンボルの上に数字が示されています。

このカードの負債は8なので8個負債トークンを受け取ります

負債トークンを持っているプレイヤーは、カードやイベントを購入することができませんが、負債トークンはそれ以外、何もしません。例えば、ゲーム終了時に負債トークンを持っていても何の効果も起きません。

コストに負債のシンボルを含むカードを購入したプレイヤーは表示されている量と同じ数の負債トークンを受け取ります。

負債を返す方法は、購入フェイズに負債額と同じ分の財宝カードを捨て札にする必要があります。

財宝が6コストだったので、6コスト返済して負債が残り2コストに

残りの2コスト返済して、財宝が1コストだけ余りました

【ドミニオン帝国】借金をする勇気を持とう。新要素『負債』について考察

2017.03.14

城(新要素)

P3020029新しい勝利点カード

『ドミニオン帝国』には8種類のカードからなる王国カード『城』が12枚入っています。『城』カードは山札の一番上にあるカードだけが購入・獲得することが出来ます。

一番コストが低い『粗末な城』から、コストに従って『王城』まで順番に置かれます。

P3020030

2人でゲームする時は、『城』カードを各種1枚ずつ使用します。3人以上でゲームする場合は、12枚以上すべてのカードを使用します。

『城』は強力な勝利点カードなので、積極的に購入していきましょう♫

『ドミニオン帝国』で登場した新しい勝利点『城』について、色々考察してみた

2017.03.12

分割された山札(新要素)

P3020031コストと効果が違う2種類のカード

『ドミニオン帝国』には2種類のカードを5枚ずつ含む王国カードの山札があります。

ゲームの準備をする場合は必ず、安いコストを持つカードを山札の上に置かなければなりません。

P3020032山札の下半分を横向きにおくことで、目立たせておくといいでしょう。

最初から下に重ねたカードを購入する事はできません。上のカードが売り切れて初めて購入することができます。

下に重ねたカードは、上にあったカードに関連した効果が多く、使いこなせば非常に強力です。積極的に購入していきましょう♪

ランドマーク(新要素)

P3020033横向きなのが特徴!

ランドマークはプレイヤーに新たな得点獲得の方法を提供します。イベントと同様に、ランドマークは王国カードではありません。

ゲームを始める際は21種類のランドマークカードから0〜2枚ランダムで使用します。公式では2枚までの使用を推奨してあります。

イベントと併用する場合は、イベントとランドマークを混ぜてそこから2枚引くと良いでしょう♫

【ドミニオン帝国】新しい勝利点獲得の可能性。『ランドマーク』について考察/前編

2017.03.20

あとがき

『ドミニオン帝国』は、クセの無いバランスのとれた拡張であると言えるでしょう。

この拡張は、デッキを圧縮して金貨の比率を上げる勝ち方以外にも勝ち筋がたくさんあって、当分飽きそうにないです。ランドマークやイベントのカードも全種類把握まだ出来ていません!奥が深いですね。

次にどの拡張を買うか悩んでいる方は、『ドミニオン帝国』をオススメします!それでは。

『ドミニオン帝国』使い勝手の良い、オススメの王国カード8選!

2017.03.05

スポンサーリンク

P3020034

ABOUTこの記事を書いてる人

たぬ(谷口健太)

25歳社会人。本職は福岡の通販会社でWebマーケッターやっとります。 プログラミング✕マーケティング=最強説を唱えており、非効率的な世の中に革命を起こそうと本ブログを設立。 ストレングスファインダー:戦略性・最上志向・目標志向・未来志向・個別化